シミ毛穴をカバーする朝のお手入れ

シミ毛穴カバー下地作り朝のスキンケア

 

シミ、毛穴の開き化粧崩れを防ぐには 朝のスキンケア、下地
つくりが大切ですお肌の水分と皮脂のバランスがとれているお肌は
化粧崩れも少なくてすみます。

 

洗顔

シミカバー下地

洗顔はシンプルな固形石鹸をよく泡立てて皮脂分泌の多い額や鼻からUゾーンへとやさしく素早く洗っていきます。

 

ぬるま湯で十分に(30回位)すすぎましょう。

 

泡を乗せてからすすぎ終わるまでの時間は大体1分から1分半くらいが理想だそうです。

 

保湿

洗顔の後は保湿成分の入った化粧水や
美容液でしっかり保湿します。

 

洗顔の後は化粧水、そう考えがちですが 美容液を付ける場合は
化粧水は必ずしも必要では無いそうです。

 

出来るなら保湿力に優れたセラミド配合の
美容液をつけるのがおすすめです。

 

角質層に十分な水分が保たれていると、余分な皮脂の分泌も
抑えられ化粧崩れも防げます。

シミカバー下地

どうしても化粧水という方は化粧水はコットンでパッティングするよりも、手のひらでなじませる方がお肌を痛めません。

 

コットンの刺激で肌を痛めると肌が乾燥しかえって
皮脂の分泌が活発になってしまいます。

 

さらに乳液やクリームを重ねつけする場合は
化粧水や美容液がお肌にしっかりと馴染んでから
乾燥が気になる部分につけるようにします。

 

日焼け止め

化粧下地として日焼け止めを使用する方も多いでしょうが
日焼け止めを塗る際も先につけた乳液やクリームが
しっかりお肌に馴染んでからつけるようにします。

 

ファンデーション

化粧崩れが気になり 厚塗りをしてしまうと かえって
化粧くずれしやすく 逆効果です。

 

ファンデーションを付けるスポンジはいつも清潔な
状態にしておきましょう。

 

スポンジが汚れていると ムラ付きのもとですし
雑菌が繁殖して肌トラブルの原因にも・・・。