シミが出来るのを防ぐ美白化粧品

美白化粧品は美白成分をチェック

美白化粧品とはシミに効果がある美白成分が含まれた
化粧品ですが美白成分と言っても種類が幾つかあります。

 

厚生省でシミを改善すると承認されている美白成分が含有
されている化粧品は医薬部外品の表示が記されています。

 

医薬部外品の美白成分

情報伝達物質の邪魔をする美白成分

紫外線を受けると肌の内部を保護しようと表皮細胞から
エンドセリンなどという情報の受け渡しをする物質が分泌され
メラノサイトにメラニン色素を作れと指示が出されるます。

 

この情報伝達物質の邪魔をする働きをする美白成分

カモミラET
トラネキサム酸

 

チロシナーゼの働きを阻害する美白成分

情報伝達物質がメラノサイトに届くとチロシンというアミノ酸が
作られ、チロシナーゼという酸化酵素が働きすぐにメラニン色素が
作られてしまいます。

アルブチン
コウジ酸
エラグ酸
ビタミンC誘導体
ルシノール
プラセンタエキス
トラネキサム酸

 

市販で販売されているお化粧品でよくホワイト○○という風に
商品名がついていると美白効果を持っていそうだと思ってしまい
ますけれど、美白成分の含まれていない化粧品も見られます。

 

美白化粧品を選ぶ時は美白成分が含まれているか必ず
確認してください。

 

成分がはっきりしないときには医薬部外品と記載されている
商品であるならば美白作用のある成分が含有されています。

 

医薬部外品というのは医薬品と化粧品の間に位置する
厚生省が認可した商品です。

 

医薬部外品と記載されていない場合でも美白成分が
含有されている化粧品も見られる。

 

美白化粧品の効果

美白化粧品はシミができてしまってから 使うものではなく、これから
作られるメラニン色素の産生を抑えることを目的に使う化粧品で、
シミを除去する為のではなくシミを防ぐ化粧品です。

 

美白化粧品はシミを防止する為に一年を通して使用
するのがおすすめです。

 

美白化粧品で出来てしまったシミを薄くする効果は
それほど期待できません。

 

美白化粧品でのお手入れ

美白化粧品でのスキンケアは 夜のみと決められた美白化粧品で
無い限り朝、晩使用する事、肌にすり込むのではなく、そっと
顔全体に広げ両手やさしく包むようになじませます。

 

目の辺りは中指と薬指で軽くトントンと叩くようになじませます、
こすったりすり込むように使用するとかしないよう気を付けてください。